【初めてでも簡単】エックスサーバーを使ってレンタルサーバーの契約をしてみよう!

自分でブログやメディアを持ちたいと思ったときに、WordPressを使う人が増えています。

自分でブログを立ち上げる時の選択肢は2つ。

  • アメブロのような既存のブログサービスを使う
  • 自分でオリジナルのサイトを持つ

今回は自分のオリジナルサイトを作る方法、中でもややこしいサーバー周りを解説します。

目次

サーバーとは

まず、自分のブログを立ち上げようとしたときにつまづくのは、サーバー関連の話ではないでしょうか。

実際に僕もつまづいていました…。

そもそもサーバーとは、Webサイトはメールを電子的に格納する場所のことです。つまり「家」のようなイメージですね。ちなみに、ドメインはその家がある「住所」になります。

有名どころは「ロリポップ」「さくらインターネット」「Xサーバー」です。

その中でも、今回は国内シェアNo1のレンタルサーバーの「Xサーバー」を使います。

Xサーバーの申し込みをしてみよう

まず、エックスサーバーの申し込みページから、お申し込みボタンを押してください。

プランの選択

申し込みボタンを押したあとは、プランの選択を行います。

X10プラン,X20プラン,X30プランの3つのプランから選択できます。契約期間は3~36ヶ月あり、長期になればなるほど月額料金が安くなります。

今回はWordPressクイックスタートを使って始めようと思いますので、クイックスタートを始めるにチェックを入れてください。

WordPressクイックスタートとは、2020年4月より使えるようになった新しいWordPressのはじめ方です。

自分のメディアを持つ場合、独自ドメインを取得した方がいいのですが、そのドメインの取得や設定は正直面倒です。僕もそうでしたが、多くの方はこの辺りで挫折してしまうと思います。

ですが、このクイックスタートはサーバーの立ち上げと同時に独自ドメインを取得し、そのまま設定してくれるサービスになります。

めっちゃ楽です。笑

ドメインの取得

クイックスタートにチェックすると、その下に「ドメイン契約内容」「WordPress情報」を入力する欄が出てきますので、順に入力してください。

Xサーバーでは無料で作成できるキャンペーンをやっていることが多いので、無料のもので作りましょう。

ドメインは一度設定すると変更が難しいので、慎重に決めてください。

Xサーバーのアカウント情報の入力

次にXサーバーのアカウント情報の入力が求められるので、こちらも順に入力してください。

「次に進む」を押すと、登録したアドレス宛に確認コードが届きますので、そのコードをこちらに入力してください。

申し込み内容の確認

次のページでは入力内容を確認できます。

間違いがないかどうかを確認してください。

もし間違いがあった場合は、「入力画面に戻る」から戻るようにしてください。ブラウザバックで戻るとフォームの関係で最初から入力する必要があります。

入力内容に問題なければ、「SMS・電話確認へ進む」を押してください。

「認証コードを取得する」を押すと、SMS(電話)で認証コードが届きますので、次のページで入力してください。

このボタンを押すと支払い内容が確定となります。

登録したアドレスに、【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ、というメールが届けばアカウント設定は終了です。

しばらくすると、ブログーページにアクセスできるようになります。

WordPressの設定をしてみよう

サーバーの申し込みが完了したら、WordPressの設定を行います。

こちらからサーバーパネルにログインしてください。

ログインするとサーバーパネルが表示されますので、下の方にある「WordPressの簡単インストール」を押してください。

WordPressをインストールするドメインを選択してください。

最初「インストール済みWordPress一覧」のタブが選択されていると思いますので、「WordPressインストール」の方に切り替えてください。

その後、各項目を入力してください。

「キャッシュの自動削除(ONにする)」「データベース(自動でデータベースを生成する)」はデフォルトのままで大丈夫です。

確認画面にて問題がなければ、「インストールする」を押してください。

これでWordPressのインストールが始まるので、しばらく時間をおくと、WordPressの管理画面にログインできるようになります。

おわりに

お疲れ様でした!

これであなたは自分だけのブログを立ち上げることができました。

あとは自由に記事を書いて、サイトを育てていきましょう。

ではまた!

目次
閉じる